Final Cut Pro X 写真枠「フォトフレーム」で映像を再生する方法

Final Cut Pro Xで映像を写真枠「フォトフレーム」で再生する方法を紹介します。

Final Cut Pro Xで映像を写真枠「フォトフレーム」で再生する方法を紹介します。

写真枠「フォトフレーム」で映像を再生する方法

Final Cut Pro Xで映像を写真枠「フォトフレーム」にして再生させる方法を紹介します。エフェクトの「写真で振り返る」を使えば、簡単に写真フレームで映像を再生することができます。

Final Cut Pro Xで映像を写真枠「フォトフレーム」で再生する方法は、タイムラインにある映像クリップにエフェクトの「スタイライズ」から「写真で振り返る」を適用させます。画面右上に表示されるインスペクタから「Style」のタブで通常の写真枠「Classic」か、インスタントカメラで撮影したフレーム「Instant」を選択できます。「Blur」の数値を変更すると、背景の映像をボカすことができます。「Separation」で背景映像の彩度を変更でき「Scale」で写真枠の大きさを変更できます。写真枠の位置は、画面から直接ドラッグをして移動させることが可能です。

Final Cut Pro Xで映像を写真枠「フォトフレーム」で再生する方法は、動画で分かりやすく紹介していますのでチュートリアルをご覧下さい。

Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。