Final Cut Pro X モザイク「四角形 楕円形」のかけ方と追尾の方法

Final Cut Pro Xで四角形や楕円形のモザイクをかける方法と追尾させる方法を紹介します。

Final Cut Pro Xで四角形や楕円形のモザイクをかける方法と追尾させる方法を紹介します。

モザイク「四角形 楕円形」のかけ方と追尾の方法

Final Cut Pro Xで四角形や楕円形の「モザイク」をかける方法と追尾させる方法を紹介します。長方形のような四角のモザイクや楕円形などの円形のモザイクは、エフェクトの「ピクセル化」を使うと簡単にできます。

Final Cut Pro Xで四角形や楕円形のモザイクをかける方法と追尾させる方法は、タイムラインにある映像クリップのモザイクをかけたい位置とモザイクを終了させたい位置を「ブレードツール」でカットします。カットしたクリップを選択してエフェクトにある「スタイライズ」から「ピクセル化」を適用させます。画面右上のインスペクタに「ピクセル化」が表示されるので「Amount」の数値を変更してピクセルの大きさを調整します。ピクセル化のバーにマウスを持っていくと表示される「マーク」をクリックして「シェイプマスクを追加」を選択します。画面に表示される緑色のハンドルをドラッグしてモザイクの形を楕円形にしたり、傾けたりする事ができます。赤い線上にある白いハンドルをドラッグすると四角形にする事ができます。

モザイクの形やサイズを決めたら、カットしたクリップの左端に再生ヘッドを置いて画面のモザイクの位置をドラッグして動かします。モザイクの位置を決めたら、インスペクタの「シェイプマスク」の右にあるキーフレームを打ちます。後は、タイムラインにある再生ヘッドを少しづつ動かしてモザイクをかけたい被写体の動きに合わせて画面のモザイクをドラッグして動かしていくと追尾させる事ができます。

Final Cut Pro Xで四角形や楕円形の「モザイク」をかける方法と追尾させる方法は、動画で分かりやすく紹介していますのでチュートリアルをご覧下さい。

Final Cut Pro X ぼかし「Blur」を入れる方法

モザイクの他にも「ボケ」を使って映像の一部を見えないようにする事ができます。Final Cut Pro Xで映像の一部を見えないようにぼかし「Blur」を入れる方法は、こちらの記事で紹介していますのでよかったらご覧下さい。

Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。