Final Cut Pro X 効果音「サウンドエフェクト」を追加する方法

Final Cut Pro X 効果音「サウンドエフェクト」を追加する方法

Final Cut Pro Xで効果音「サウンドエフェクト」を追加する方法を紹介します。

サウンドエフェクト「Sound Effect」を追加する方法

Final Cut Pro Xで、効果音のサウンドエフェクト「Sound Effect」を追加する方法を紹介します。よく使うようなお気に入りのサウンドエフェクト「SE」は、Final Cut Pro Xに入れておくと便利です。

サウンドエフェクトをFinal Cut Pro Xに追加する方法は、まず入れたいサウンドエフェクトを用意してFinal Cut Pro Xを閉じます。「Finder」の「移動」から「コンピューター」をクリックして、「Macintosh HD」→「ライブラリ」→「Audio」→「Apple Loops」→「Apple」→「Final Cut Pro Sound Effects」の順で入っていきます。そして「Final Cut Pro Sound Effects」の中で、右クリックして「新規フォルダ」を作成します。フォルダの名前は自由に決めて、その「新規フォルダ」の中に用意しておいたサウンドエフェクトを入れるとFinal Cut Pro Xのサウンドエフェクトに追加する事ができます。

Final Cut Pro Xでサウンドエフェクト「Sound Effect」を追加する方法は、動画で分かりやすく紹介していますのでチュートリアルをご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。

ほしい物リスト