Final Cut Pro X テキストを点滅「Flashing」させる方法

Final Cut Pro X テキストを点滅「Flashing」させる方法

Final Cut Pro Xでテキストの文字を点滅「Flashing」させる方法を紹介します。

Final Cut Pro Xでテキストの文字を点滅「Flashing」させる方法を紹介します。

テキストを点滅「Flashing」させる方法

Final Cut Pro Xでテキストの文字をチカチカと点滅「Flashing」させる方法を紹介します。テキストを一定のリズムで点滅させるエフェクトがデフォルトで入っていないので、映像クリップにトランジションの「クロスディゾルブ」を使ってテキストをぼんやり点いたり消えたりさせます。とても簡単にできるので、試してみて下さい。

テキストを点滅「Flashing」させる方法は、まずタイムラインにある点滅させたいテキストのクリップを「2秒」の長さに調整します。トランジションから「クロスディゾルブ」を適用させると、クリップの両端左右に「1秒」づつの状態に「クロスディゾルブ」が挿入されます。あとは、そのクリップを「コピー」して好みの長さになるまで「ペースト」していけば完成です。

Final Cut Pro Xでテキストの文字を点滅「Flashing」させる方法は、動画で分かりやすく紹介していますのでチュートリアルをご覧下さい。

          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。