Video Editing

Final Cut Pro X テキストにエフェクト「ライト」をかける方法

Final Cut Pro Xでテキストにエフェクトのライト(イントロフラッシュ、オーラ、クイックフラッシュ/スピン、グロー、フラッシュ)をかける方法を紹介します。

テキストにエフェクト「ライト」をかける方法

テキストにエフェクト「ライト」をかける方法を紹介します。エフェクト「ライト」の中では「イントロフラッシュ」「オーラ」「クイックフラッシュ/スピン」「グロー」「フラッシュ」の5つがテキストに適用させても問題なく使えます。とても簡単な作業で文字を光らせる事ができるので試してみて下さい。

テキストにエフェクト「イントロフラッシュ」をかける

エフェクト「ライト」の中から「イントロフラッシュ」をタイムラインにあるクリップに適用させます。テキストに「イントロフラッシュ」エフェクトをかけると、クリップが再生される頭の部分で文字が光りながら飛び出すようなアクションになります。

テキストにエフェクト「オーラ」をかける

エフェクト「ライト」の中から「オーラ」をタイムラインにあるクリップに適用させます。テキストに「オーラ」エフェクトをかけると、テキストのアウトラインを光らす事ができます。「Inner Radius」「Outer Radius」「Brightness」「Opacity」の数値を変更して光の調整ができます。

テキストにエフェクト「クイックフラッシュ/スピン」をかける

エフェクト「ライト」の中から「クイックフラッシュ/スピン」をタイムラインにあるクリップに適用させます。テキストに「クイックフラッシュ/スピン」エフェクトをかけると、クリップが再生される頭の部分で文字が光りながら飛び出すようなアクションになります。「イントロフラッシュ」の傾きがあるバージョンです。

テキストにエフェクト「グロー」をかける

エフェクト「ライト」の中から「グロー」をタイムラインにあるクリップに適用させます。テキストに「グロー」エフェクトをかけると、テキストをぼんやり光らす事ができます。「Amount」の数値を変更して光の強さを調整できます。

テキストにエフェクト「フラッシュ」をかける

エフェクト「ライト」の中から「フラッシュ」をタイムラインにあるクリップに適用させます。テキストに「フラッシュ」エフェクトをかけると、テキストを一定のリズムで光らす事ができます。「Intensity」の数値を変更して光の強さを調整できます。

Final Cut Pro Xでテキストにエフェクトのライト(イントロフラッシュ、オーラ、クイックフラッシュ/スピン、グロー、フラッシュ)をかける方法は、動画で分かりやすく紹介していますのでチュートリアルをご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tags

Comment