Video Editing

Final Cut Pro X トランジション「クロスディゾルブ」の使い方

Final Cut Pro Xでトランジションの「クロスディゾルブ」を使ったフェードインやフェードアウトの方法を紹介します。

トランジション「クロスディゾルブ」の使い方

Final Cut Pro Xのトランジション「クロスディゾルブ」の使い方を紹介します。「クロスディゾルブ」は、トランジションの中でも最もシンプルで利用頻度の高いトランジションです。映像クリップの繋ぎで挿入したり、フェードインやフェードアウトでもよく使います。

Final Cut Pro Xでトランジションの「クロスディゾルブ」を使う方法はとても簡単で、「トランジション」の中にある「クロスディゾルブ」をタイムラインにあるクリップとクリップの繋ぎ目にドラッグ&ドロップしてシンプルに映像が切り替わるトランジションとして使ったり、映像の頭や最後のクリップに使えば徐々に映像を暗転させたりもできます。

「クロスディゾルブ」を使ったフェードイン・フェードアウト

「クロスディゾルブ」を最初の映像クリップの頭に挿入すると、暗い画面から徐々に映像が始まる「フェードイン」として使えます。映像の終わりを暗く「フェードアウト」させたい時には、「ジェネレータ」の「カスタム」を使って黒色にしたカラーマットをクリップの後ろに置いてから「クロスディゾルブ」を挿入します。白色など他の色に「フェードアウト」させたい時は、クリップの後ろに置くカラーマットの色を変更すればOKです。映像の切り替わるスピードを変更したい時は、クリップに挿入した「クロスディゾルブ」の両端をドラッグして変化させる時間を調整することができます。

Final Cut Pro Xでトランジションの「クロスディゾルブ」を使ったフェードインやフェードアウトの方法は、動画で分かりやすく紹介していますのでチュートリアルをご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tags

Comment