Final Cut Pro X 映像に「グラデーション」をかける方法

Final Cut Pro X 映像に「グラデーション」をかける方法

Final Cut Pro Xのジェネレータを使って映像に「グラデーション」をかける方法を紹介します。

映像に「グラデーション」をかける方法

Final Cut Pro Xのジェネレータとブレンドモードを使って映像に「グラデーション」をかける方法を紹介します。オープニングやPVなどで映像に少し遊びの部分がほしい時なんかに「グラデーション」をかけてみるのも面白いと思います。とても簡単な作業で映像にグラデーションをかける事ができるので、ぜひ試してみて下さい。

「グラデーション」をかける方法は、まずジェネレータにある「グラデーション」をタイムラインの映像クリップの上に置きます。インスペクタに「グラデーション」が表示されるので、「Type」で「直線状」と「放射状」のどちらかを選択して、「Color」で色を決めます。合成のブレンドモードを「スクリーン」に変更すると映像に「グラデーション」をかける事ができます。

グラデーションの色をハッキリと観せたい時は、映像クリップを選択してサチュレーションで「彩度」を落としてモノクロにしてから、「露出」を調整してコントラストを強めると濃い色になります。Final Cut Pro Xのジェネレータを使って映像に「グラデーション」をかける方法は、動画で分かりやすく紹介していますのでチュートリアル動画をご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。

ほしい物リスト