Final Cut Pro X 映像を「Ken Burns」パン&ズームする方法

Final Cut Pro X 映像を「Ken Burns」パン&ズームする方法

Final Cut Pro Xの「Ken Burns」エフェクトを使って映像をパン&ズームさせる方法を紹介します。

Final Cut Pro Xの「Ken Burns」エフェクトを使って映像をパン&ズームさせる方法を紹介します。

映像を「Ken Burns」パン&ズームする方法

Final Cut Pro Xの「Ken Burns」エフェクトを使って映像を「パン」や「ズーム」させる方法を紹介します。「Ken Burns」エフェクトを使えば、指定した開始位置から終了位置に移動するパン&ズーム効果を作ることができます。「変形」でキーフレームを打ってパン&ズームさせる方法もありますが、「Ken Burns」エフェクトを使った方が簡単に仕上げる事ができます。

Final Cut Pro Xの「Ken Burns」エフェクトを使って映像をパン&ズームさせる方法は、タイムラインにあるクリップを選択してビューアの左下隅にあるポップアップメニューをクリックして、「クロップ」を選択します。そしてビューアの下部に表示される「Ken Burns」ボタンをクリックします。「Ken Burns」ボタンをクリックするとビューアに2つの四角形が表示されます。緑色の四角形でクリップの「開始位置」とサイズを指定し、赤い四角形で「終了位置」とサイズを指定します。四隅にあるハンドルでサイズを調整し、画面右上の「完了」をクリックすれば仕上がります。

Final Cut Pro Xの「Ken Burns」エフェクトを使って映像をパン&ズームさせる方法は、動画で分かりやすく紹介していますのでチュートリアル動画をご覧下さい。

          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。