Final Cut Pro X 映像を「画面分割」させる方法

Final Cut Pro X 映像を「画面分割」させる方法

Final Cut Pro Xの変形とクロップを使って映像を「画面分割」させる方法を紹介します。

映像を「画面分割」させる方法

Final Cut Pro Xの変形とクロップを使って映像を2分割や4分割に「画面分割」させる方法を紹介します。画面分割は、解説動画のような違うアングルの映像を同時に観せたい時などに使えます。

Final Cut Pro Xで映像を「画面分割」させる方法は、タイムラインに分割したい映像クリップを重ねて「変形」や「クロップ」で映像の位置やサイズを変更します。ビューアの右上にある「表示」から「水平線を表示」をクリックすると画面に黄色のガイドラインのような線が表示されるので綺麗に画面を分割させる事ができます。Final Cut Pro Xの変形とクロップを使って映像を「画面分割」させる方法は、動画で分かりやすく紹介していますのでチュートリアル動画をご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。

ほしい物リスト