Video Editing

Final Cut Pro X 映像の「トリム」不要部分を削除する方法

Final Cut Pro Xの「トリム」を使って映像の不要な部分を削除する方法を紹介します。

映像の「トリム」不要部分を削除する方法

Final Cut Pro Xの「トリム」コントロールを使って映像の各端を個別にトリミングして不要な部分を削除する方法を紹介します。映像をトリミングすると「窓」のような感じになるので、エンドロールなんかでも使えるテクニックです。

Final Cut Pro Xで映像をトリミングする方法は、タイムラインにあるクリップを選択してビューアの左下隅にあるポップアップメニューをクリックして「クロップ」を選択します。するとビューアの下部に「トリム」ボタンが表示されるのでクリックして映像を調整していきます。映像の各隅にある青いハンドルをドラッグしてトリミングしたいサイズに映像を調整して画面右上の「完了」をクリックすると映像の不要な部分を削除する事ができます。Final Cut Pro Xの「トリム」を使って映像の不要な部分を削除する方法は、動画で分かりやすく紹介していますのでチュートリアル動画をご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tags