Final Cut Pro X 映像を「クロップ」切り取る方法

Final Cut Pro X 映像を「クロップ」切り取る方法

Final Cut Pro Xの「クロップ」エフェクトを使って映像の不要な領域を切り取る方法を紹介します。

映像を「クロップ」切り取る方法

Final Cut Pro Xの「クロップ」エフェクトを使って、映像の不要な領域の部分を切り取る方法を紹介します。クロップされた部分は画面サイズに合わせて自動的に拡大されます。

Final Cut Pro Xで映像を「クロップ」で切り取る方法は、まずタイムラインにあるクリップを選択してビューアの左下隅にあるポップアップメニューをクリックして、「クロップ」を選択します。すると映像の四隅に青いハンドルが表示されるので、コーナーハンドルをドラッグして映像のサイズを調整します。切り取るサイズを決めたら画面右上の「完了」をクリックします。Final Cut Pro Xで映像を「クロップ」で切り取る方法は、動画で分かりやすく紹介していますのでチュートリアル動画をご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。

ほしい物リスト