Video Editing

Final Cut Pro X プロジェクタ「Projector」で投影したような映像にする方法

Final Cut Pro Xでプロジェクタ「Projector」で投影したような映像にする方法を紹介します。

プロジェクタ「Projector」で投影したような映像にする方法

Final Cut Pro Xを使ってプロジェクタ「Projector」で投影したような映像にする方法を紹介します。スクリーンに投影されたような質感でノイズの入った雰囲気のある映像に仕上げることができます。

Final Cut Pro Xでプロジェクタ「Projector」で投影したような映像にする方法は、エフェクトにある「スタイライズ」から「プロジェクタ」をタイムラインにある映像クリップに適用させます。あとはインスペクタの「Amount」を調整すれば完了です。Final Cut Pro Xを使ってプロジェクタ「Projector」で投影したような映像にする方法は動画で分かりやすく紹介していますので、チュートリアル動画をご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tags

Comment