Final Cut Pro X 枠線「Frame Border」を表示する方法

Final Cut Pro X 枠線「Frame Border」を表示する方法

Final Cut Pro Xで映像の縁に枠線「Frame Border」を表示する方法を紹介します。

枠線「Frame Border」を表示する方法

Final Cut Pro Xで映像の縁に枠線「Frame Border」を表示させるやり方を紹介します。映像を縁取るように枠線を表示させると少し印象を変える事ができます。映像の画面を分割した時なんかにも便利に使えます。

枠線を表示する方法は、タイムラインにある映像クリップに「エフェクト」の「スタイライズ」から「基本枠線」を適用させます。インスペクタから「基本枠線」の設定ができるようになるので「Width」で枠線の幅(太さ)を調整して、「Color」で枠線の色を選択できます。「Mix」では、枠線の透明度を調整することができます。

Final Cut Pro Xで映像の縁に枠線「Frame Border」を表示する方法は、動画でわかりやすく紹介していますのでチュートリアル動画をご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。

ほしい物リスト