Video Editing

Final Cut Pro X 枠線「Frame Border」を表示する方法

Final Cut Pro Xで映像の縁に枠線「Frame Border」を表示する方法を紹介します。

枠線「Frame Border」を表示する方法

Final Cut Pro Xで映像の縁に枠線「Frame Border」を表示させるやり方を紹介します。映像を縁取るように枠線を表示させると少し印象が変わったり、映像の画面を分割した時なんかにも便利に使えます。

枠線を表示する方法は、タイムラインにある映像クリップに「エフェクト」の「スタイライズ」から「基本枠線」を適用させます。インスペクタから「基本枠線」の設定ができるようになるので「Width」で枠線の幅(太さ)を調整して、「Color」で枠線の色を選択できます。「Mix」では、枠線の透明度を調整することができます。

Final Cut Pro Xで映像の縁に枠線「Frame Border」を表示する方法は、動画でわかりやすく紹介していますのでチュートリアル動画をご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tags

Comment