Video Editing

Final Cut Pro X サチュレーションエフェクト「Saturation Effect」の方法

Final Cut Pro Xで彩度を使ってモノクロ映像からカラー化するサチュレーションエフェクト「Saturation Effect」の方法を紹介します。

サチュレーションエフェクト「Saturation Effect」の方法

Final Cut Pro Xで彩度を使って映像をモノクロ(白黒)から徐々にカラー化するサチュレーションエフェクト「Saturation Effect」の方法を紹介します。

サチュレーションエフェクトの方法は、タイムラインの映像クリップを選択して画面右上にある「カラーインスペクタ」から「カラーボード」をクリックします。すると「カラーボード」のパネルが表示されるので、映像クリップが始まる位置に再生ヘッドを決めて、キーフレームを打ちます。キーフレームのマークが黄色に変わったら、「サチュレーション」を選択して彩度を落とします。彩度を落としてモノクロ(白黒)の映像にすることができたら、次は映像クリップの終わり部分に再生ヘッドを決めて「サチュレーション」を上げて彩度を戻すと完成です。映像クリップを再生するとモノクロから始まり、徐々に彩度が上がりカラー化する映像になります。Final Cut Pro Xで彩度を使ってモノクロ映像からカラー化するサチュレーションエフェクト「Saturation Effect」の方法は、動画でわかりやすく紹介していますので、チュートリアル動画をご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tags

Comment