Final Cut Pro X 巻き戻し 早戻しする「Rewind」の方法

Final Cut Pro X 巻き戻し 早戻しする「Rewind」の方法

Final Cut Pro Xで映像を巻き戻し、早戻しする「Rewind」の方法を紹介します。

巻き戻し 早戻しする「Rewind」の方法

Final Cut Pro Xを使って映像を巻き戻し、早戻しする「Rewind」の方法を紹介します。リワインドは、映像の中で被写体の動きを2度観せたい時に巻き戻したりピンポイントでアクセントのように早戻しをさせたい時なんかに使えます。

リワインドの方法は、映像のクリップを選択して「変更」の「リタイミング」から「早戻し」をクリックして速度を選びます。すると、選択したクリップが再生されてから巻き戻されてもう一度再生される映像に仕上がります。ピンポイントで早戻しをしたい時には「ブレード」ツールで映像クリップをカットしてから適応させます。Final Cut Pro Xを使って映像を巻き戻し、早戻しする「Rewind」の方法は動画でわかりやすく紹介していますので、チュートリアル動画をご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。

ほしい物リスト