Final Cut Pro X クリップを逆再生する「Reverse Clip」の方法

Final Cut Pro X クリップを逆再生する「Reverse Clip」の方法

Final Cut Pro Xで映像クリップを逆再生する「Reverse Clip」の方法を紹介します。

クリップを逆再生する「Reverse Clip」の方法

Final Cut Pro Xを使って映像のクリップを逆再生する「Reverse Clip」の方法を紹介します。リバースクリップは映像のクリップそのものが逆に再生されるようになります。

クリップを逆再生する方法は、タイムラインにある逆再生したいクリップを選択して「変更」から「リタイミング」の中にある「クリップを逆再生」をクリックします。すると映像のクリップが逆から再生されるようになります。逆再生するクリップの速度を調整したい場合は、そのクリップの右上角にあるリタイミングハンドルをドラッグして左にドラッグすると速度が上がり、右にドラッグすると速度が下がってゆっくりとした映像になります。あと逆再生をする時にデフォルトでFinal Cut Pro Xに入っているサウンドエフェクトの「Tape Rewinding」などのテープの巻き戻し音などを映像に合わせて入れるとより雰囲気が出ます。Final Cut Pro Xで映像クリップを逆再生する「Reverse Clip」の方法は動画でわかりやすく紹介していますので、チュートリアル動画をご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。

ほしい物リスト