Final Cut Pro X シャッターエフェクト「Shutter Effect」の方法

Final Cut Pro X シャッターエフェクト「Shutter Effect」の方法

Final Cut Pro Xでフリッカーのように映像をチラつかせるシャッターエフェクト「Shutter Effect」の方法を紹介します。

シャッターエフェクト「Shutter Effect」の方法

Final Cut Pro Xを使って、映像をフリッカーのようにチラつかせるシャッターエフェクト「Shutter Effect」の方法を紹介します。シャッターエフェクトは、チカチカと明滅するフリッカーのようなエフェクトで、映像を音に合わせてピンポイントで遊ばせたい時なんかに使うと良い感じの雰囲気に仕上がります。

シャッターエフェクトの方法は、映像のクリップを拡大して1フレームづつ「ブレード」ツールでカットしていきます。キーボードの「→」を押せば、1フレームづつ飛ばせます。フレームをカットをしたら、ひとつ飛ばしでクリップを「無効」にしていきます。映像のクリップを選択して右クリックで「無効にする」を選択するか、映像のクリップを選択してキーボードの「V」を押すと映像を無効にすることが出来ます。フレームをひとつ飛ばしで無効にすると完成です。Final Cut Pro Xでフリッカーのように映像をチラつかせるシャッターエフェクト「Shutter Effect」の方法は動画でわかりやすく紹介していますので、チュートリアル動画をご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。

ほしい物リスト