Final Cut Pro X 残像を残す「Afterimage Effect」の方法

Final Cut Pro X 残像を残す「Afterimage Effect」の方法

Final Cut Pro Xでフリーズフレームを使って映像に「残像」を残す方法を紹介します。

残像を残す「Afterimage Effect」の方法

Final Cut Pro Xのフリーズフレームを使って映像に「残像」を残すエフェクト「Afterimage Effect」の方法を紹介します。残像効果は動きのある被写体なんかに使うと雰囲気のある映像に仕上がります。

まずはタイムラインにある映像クリップの残像にしたい場所に再生ヘッドを止めて、編集から「フリーズフレームを追加」でフリーズフレームを作ります。フリーズフレームが出来たら映像クリップの上に置いてトランジションの「クロスディゾルブ」を追加します。クロスディゾルブがクリップの両端に付くので後ろの方だけ残してフリーズフレームのクリップ全体にクロスディゾルブをかけます。するとフリーズフレームのクリップが残像のような効果になります。Final Cut Pro Xでフリーズフレームを使って映像に「残像」を残す方法は動画でわかりやすく紹介していますので、チュートリアル動画をご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。

ほしい物リスト