Video Editing

Final Cut Pro X 不透明度で合成する方法

Final Cut Pro Xの合成「不透明度」で映像のクリップを合成する方法を紹介します。

不透明度で映像クリップを半透明にして合成する方法

Final Cut Pro Xの合成「不透明度」を使って、映像クリップを半透明にして合成する方法を紹介します。不透明で合成した映像は、回想のシーンなどのゆっくりと時間が流れるような演出にすることができます。

まずはタイムラインに映像のクリップを2つ用意して、半透明にしたい方の映像クリップを上に配置します。半透明にしたい上に配置したクリップを選択してインスペクタの「合成」の「不透明度」の値を下げます。不透明度の数値を下げると映像が透明になっていくので、2つの映像が綺麗に見えるように調整すると完成です。Final Cut Pro Xの合成「不透明度」で映像のクリップを合成する方法は動画でわかりやすく紹介していますので、チュートリアル動画をご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tags

Comment