Final Cut Pro X フィルムバーン「Film Burn」の方法

Final Cut Pro X フィルムバーン「Film Burn」の方法

Final Cut Pro Xでフィルムバーン「Film Burn」のやり方を紹介します。

Final Cut Pro X フィルムバーンのやり方

MV(ミュージックビデオ)やPV(プロモーションビデオ)なんかでよく使われるフィルムバーン「Film Burn」をFinal Cut Pro Xを使ってする方法を紹介します。フィルムバーンは映像のクリップの切り替わりにトランジションのように使ってもいいし、エフェクトのようにも使えます。映像の最中にさりげなく入れるとお洒落な感じにもなるのでオススメです。フィルムバーンは誰もが一度は見た事があるはずです、映像に燃えたような感じで光が一瞬チラッと入るやつです。

フィルムバーンはライトリーク(光漏れ)と同じように、映像の素材を用意する必要があります。YouTubeやGoogleなどで「Free Film Burn Overlay」などと検索すればフリーの素材を配布しているサイトがたくさん見つかるので、ダウンロードをしておきましょう!

フィルムバーンの素材をダウンロードしたら、Final Cut Pro Xのタイムラインにある映像のクリップの上に置いてブレンドモードから「スクリーン」に変えると完成です。フィルムバーンが、明るすぎる場合は「不透明度」で調整していきます。フィルムバーン「Film Burn」のやり方は、動画でわかりやすく紹介していますので、チュートリアル動画をご覧下さい。動画では2種類のフィルムバーンの素材を使っています。

          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。

ほしい物リスト