Final Cut Pro X 動く物体の後ろからテキスト「文字」を表示させる方法

Final Cut Pro X 動く物体の後ろからテキスト「文字」を表示させる方法

Final Cut Pro Xのエフェクト「マスクを描画」を使って動いている物体の背後からテキストを出現させる方法を紹介します。

Final Cut Pro Xのエフェクト「マスクを描画」を使って動いている物体の背後からテキストを出現させる方法を紹介します。

動く物体の背後からテキスト「文字」を表示させる方法

Final Cut Pro Xで、映像の中を動いている物体の背後からテキスト「文字」を表示させる方法を紹介します。エフェクトにある「マスクを描画」を使えば簡単にできます。動いているオブジェクト(物体)の背後からテキストが見えるように「マスクを描画」をテキストにドラッグ&ドロップして調整していきます。キーフレームを利用して、フレームを少しずつ動かしながら物体の背後からテキストが見えるようにしていけば完成です。動画でわかりやすく紹介していますので、チュートリアル動画を見ながら動く物体の背後からテキスト「文字」を表示させる方法を試してみて下さい。

今回は、動いているモノの背後からテキストを出現させるようにしていますが、逆にテキストを先に表示させておいて動いているモノがテキストに通り過ぎながら被るようにして文字を消していく方法も、このエフェクト「マスクを描画」を使えば簡単にできます。操作に慣れるまでは難しく思うかもしれませんが、2~3回試してみれば簡単に仕上げる事ができるようになります。

          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。