Final Cut Pro X 一色だけ色を残してモノクロ映像にする方法

Final Cut Pro X 一色だけ色を残してモノクロ映像にする方法

Final Cut Pro Xの「カラーマスク」を使って一部分だけ色を残してモノクロ映像にする方法を紹介します。

「カラーマスク」を使って一部分だけ色を残してモノクロ映像にする方法

Final Cut Pro Xを使って、映像の一色だけ色を残して他の部分は彩度を落として白黒にする方法を紹介します。エフェクトの「カラーマスク」を使う簡単な方法で仕上げる事ができます。一色だけ色を残す映像は、よくCMなんかでも見かけると思います。注目してもらいたい被写体だけに色が付いた状態にできるので、とても印象に残る映像にする事ができます。映像の中で一色だけを目立たせるようにしたいので、使う映像は注目させたい被写体のみが違う色になっているものが良いです。

ブログで説明するのが難しいので、チュートリアル動画を参考にして試してみて下さい。ざっくりとした流れを解説しますと、エフェクトにある「カラーマスク」をドラッグ&ドロップして「カラーマスクを追加」します。スポイトで残したい一色の色を選択し、マスクを「外側」に変えて「サチュレーション」から彩度を落とすといった感じです。一色だけ色を残してモノクロ映像にする方法は、印象に残る映像が簡単に出来るのでオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。

ほしい物リスト