Final Cut Pro X インクが飛び散るトランジション「Ink Transition」の方法

Final Cut Pro Xでインクが飛び散るトランジション「Ink Transition」の方法を紹介します。

Final Cut Pro Xでインクが飛び散るトランジション「Ink Transition」の方法を紹介します。

インクが飛び散るトランジション「Ink Transition」

Final Cut Pro Xで、インクが飛び散るトランジション「Ink Transition」のやり方を紹介します。インクが飛び散る映像クリップがあれば、エフェクトの「ルミナンスキーヤー」を使えば簡単にできます。インクの映像クリップは「Free Video Ink」など検索すればすぐに見つかると思います。白色背景に黒色のインクが飛び散る映像をダウンロードして用意しましょう。

おおまかな流れで言うと、インクの黒色の部分を白色に反転させて、エフェクトのキーイングから「ルミナンスキーヤー」を使い黒色の部分を抜きます。インクのクリップとトランジションで切り替えたいクリップとを「新規複合クリップ」でまとめて、次のクリップの上に置くと完成です。インクが飛び散りながら次の映像に切り替わります。「Ink Transition」のやり方は動画で分かりやすく紹介していますので、動画を見ながら一度試してみて下さい。エフェクトの「ルミナンスキーヤー」をインクの飛び散るクリップにかけるだけでも、面白い雰囲気になります。

Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。