Video Editing

Final Cut Pro X 「プラグイン」を追加する方法

Final Cut Pro Xにダウンロードした「プラグイン」を追加する方法を紹介します!

Final Cut Pro Xにダウンロード した「プラグイン」を追加!

Final Cut Pro Xで使えるエフェクトやトランジション、ジェネレーター、タイトルなどの「プラグイン」を追加する方法を分かりやすく紹介します。

Final Cut Pro Xには、ダウンロードしたプラグインを入れて使うことができます。有料で販売されているモノや無料でダウンロードできるプラグインもあるので、気に入ったプラグインをFinal Cut Pro Xに追加してみましょう。

エフェクトやトランジションなどの「プラグイン」をFinal Cut Pro Xに入れる方法

Final Cut Pro Xにエフェクトやトランジション、ジェネレーター、タイトルなどの「プラグイン」を入れる方法は、まずはダウンロードした「プラグイン」のファイルをデスクトップなどに用意します。デスクトップで一旦マウスをクリックして、画面左上が「Finder」になっている事を確認して、「移動」から「ホーム」をクリックします。「ホーム」をクリックすると、ウィンドウが表示されますので「ムービー」のファイルをダブルクリックして入ります。次は、「ムービー」のファイルの中にある、「Motion Templates」をダブルクリックします。

「Motion Templates」の中にある各ファイルにドラッグ&ドロップ!

「Motion Templates」の中にある、このファイル達にエフェクトやトランジション、ジェネレーター、タイトルなどの「プラグイン」のファイルをドラッグ&ドロップで入れるとFinal Cut Pro Xに追加することができます。

・エフェクトのプラグインをダウンロードしたら、「Effects」へ
・トランジションのプラグインをダウンロードしたら、「Transitions」へ
・タイトルのプラグインをダウンロードしたら、「Titles」へ
・ジェネレーターのプラグインをダウンロードしたら、「Generators」へ

ダウンロードしたプラグインのファイルを、各「Motion Templates」の中のファイルに放り込んだらFinal Cut Pro Xを一度終了させてから再起動させます。すると、エフェクトやトランジション、ジェネレーター、タイトルなどがFinal Cut Pro Xで反映して使えるようになります。一度覚えると簡単な作業なので、気に入ったプラグインを見つけたらFinal Cut Pro Xにプラグインを追加してみましょう。

Final Cut Pro Xのお洒落な無料プラグイン

Final Cut Pro Xで使える無料でお洒落なエフェクトやトランジションを紹介した記事も良かったら見て下さい。驚くようなクオリティのプラグインがたくさんあるので、映像制作の質を上げたいクリエイターは必見です!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tags
2 Comments
  • 牡蠣
    7月 26, 2019返信

    わかりやすい解説ありがとうございます!!!

    • Takahiro Matsuoka
      7月 26, 2019返信

      コメントありがとうございます。少しでも参考にしてもらえると嬉しいです。

Comment