Video Editing

Final Cut Pro X 「フリーフォント」を入れる方法

Final Cut Pro Xにお洒落なフリーフォントを入れる方法を紹介します。

Final Cut Pro Xでお洒落なフリーフォントを使う方法

Final Cut Pro Xで映像制作をする時にデフォルトで入っているフォントではなくて、お洒落なフリーフォントを使って映像編集をしてみましょう!

スタンダードなフォントから手書きフォント、筆で書いたようなフォント、デザインフォントなど、たくさんのフリーフォントをFinal Cut Pro Xで使うことができます。まずはフリーフォントサイトから気に入ったフォントをダウンロードします。フリーフォントサイトは、「dafont.com」「1001 free fonts」などがオススメです。

◾️dafont.com
https://www.dafont.com

◾️1001 free fonts
https://www.1001freefonts.com


Macに入っている「Font book」にフリーフォントを入れる

サイトから気に入ったフォントをダウンロードして、Macの中に入っている「Font book」を開きます。「Font book」を開いて、ダウンロードしたフリーフォントのファイルを「すべてのフォント」の中にドロップするだけです。「Font book」にファイルを入れた後に、Final Cut Pro Xを再度開くとテキストのフォントから自由に使えるようになっています。テキストを入力してフォントを変更してみましょう。先程「Font book」に入れたフォントがFinal Cut Pro Xで使えるようになっています。

お洒落なフリーフォントを使うだけで映像の見栄えがガラッと良くなるので、是非試してみて下さい。フリーフォントは、手書きフォントや筆で書いたようなフォントが映像にカッコよく合うのでオススメです。PVなどの映像制作では、読ませるフォント以外にも魅せるフォントを使う事も多いのでお洒落なフリーフォントを見つけたらどんどんFinal Cut Pro Xに入れておきましょう。

Final Cut Pro Xに日本語フォントが入らない

あと、ここ最近になって日本語フォントの「しねきゃぷしょん 」というシネマティックなフォントを「Font Book」に入れたのですがFinal Cut Pro Xで表示されませんでした。現在のFinal Cut Pro Xのバージョンのバグかもしれませんが、英語のフォントは問題なく入れることができました。

※追記
Final Cut Pro Xで日本語フォントが表示されないバグがでてるみたいですが、 一度Macを英語優先にして再起動すると表示されることがあるみたいです。 「環境設定」の「言語と地域」で変更できます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
#