Final Cut Pro X ハンドヘルド「Handheld」手ブレ感を出す方法

Final Cut Pro X ハンドヘルド「Handheld」手ブレ感を出す方法

Final Cut Pro Xでエフェクトの「ハンドヘルド」を使って映像に手ブレ感を出す方法を紹介します。

ハンドヘルド「Handheld」手ブレ感を出す方法

Final Cut Pro Xでエフェクトにある「ハンドヘルド」を使って、映像に手ブレ感を出す方法を紹介します。ハンドヘルドは、手持ちで撮影したような自然なブレを作る事ができます。映像に臨場感がほしい時なんかに使うといい感じに仕上がります。

ハンドヘルドを使って映像に手ブレ感を出す方法は、タイムラインにある映像クリップにエフェクトの「スタイライズ」の中にある「ハンドヘルド」を適用させます。画面右上に表示される「ハンドヘルド」から「Shakiness」の数値で揺れの調整を「Distance」の数値で揺れ幅を調整します。なるべく自然な感じの手ブレに観えるように調整したら完成です。

Final Cut Pro Xでエフェクトの「ハンドヘルド」を使って映像に手ブレ感を出す方法は、動画で分かりやすく紹介していますのでチュートリアルをご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。

ほしい物リスト