Final Cut Pro X オーバーレイ「Overlay」でオシャレな映像にする方法

Final Cut Pro X オーバーレイ「Overlay」でオシャレな映像にする方法

Final Cut Pro Xでオーバーレイの素材を「ブレンドモード」を使ってオシャレな映像にする方法を紹介します。

Final Cut Pro Xでオーバーレイの素材を「ブレンドモード」を使ってオシャレな映像にする方法を紹介します。

オーバーレイ「Overlay」でオシャレな映像にする方法

Final Cut Pro Xでオーバーレイの動画素材を「ブレンドモード」を使ってオシャレな映像にする方法を紹介します。オーバーレイを使うと「ライトリーク」や「フィルムバーン」「ノイズ」などを映像にのせる事ができるので、簡単にPVやMVっぽい感じの雰囲気に仕上がります。オーバーレイの動画素材は、「Overlay Free」などで検索すれば見つかるので用意しておきましょう!YouTubeなどで検索しても見つかると思います。

オーバーレイを使う方法は、タイムラインにある映像クリップの上にオーバーレイの素材を置いてブレンドモードの「加算」を選択するだけです。オーバーレイの素材によっては「スクリーン」などを選ぶ方が良い場合もあるので好みのブレンドモードを選択しましょう。

Final Cut Pro Xでオーバーレイの素材を「ブレンドモード」を使ってオシャレな映像にする方法は、動画で分かりやすく紹介していますのでチュートリアルをご覧下さい。この動画では分かりやすくする為に連続してオーバーレイを繋げていますが、本来はアクセント的な感じでさりげなく短いクリップにオーバーレイを使う方がカッコイイ映像に仕上がります。

          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。