Final Cut Pro X テキストを奇抜に動く文字「Wacky Text」にする方法

Final Cut Pro X テキストを奇抜に動く文字「Wacky Text」にする方法

Final Cut Pro Xでテキストを奇抜に動く文字「Wacky Text」にする方法を紹介します。

テキストを奇抜に動く文字「Wacky Text」にする方法

Final Cut Pro Xでテキストを奇抜な感じに動く文字「Wacky Text」にする方法を紹介します。「Wacky Text」は、文字が上下に伸びたり縮んだり前後に倒れたりする面白い動きになるテキストです。

テキストを奇抜に動く文字にする方法は、「タイトル」の中にある「連続的」をタイムラインに持ってきて、文字、フォント、サイズを決めます。テキストの「タイトル インスペクタ」から「Style」でタブを開き「Wacky」を選択すればテキストが奇抜な感じに動くようになります。「Build In」と「Build Out」のチェックを外すとテキストの表示のされ方と消え方を変える事ができます。Final Cut Pro Xでテキストを奇抜に動く文字「Wacky Text」にする方法は、動画でわかりやすく紹介していますのでチュートリアル動画をご覧下さい。

          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。

ほしい物リスト