Final Cut Pro X カラーカーブ「Color Curves」色補正の方法

Final Cut Pro X カラーカーブ「Color Curves」色補正の方法

Final Cut Pro Xでカラーカーブ「Color Curves」を使った色補正の方法を紹介します。

カラーカーブ「Color Curves」色補正の方法

Final Cut Pro Xでカラーカーブ「Color Curves」を使って色補正をする方法を紹介します。カラーカーブを使うとクリップイメージの個別のカラーチャンネルの成分を調整できます。マスター、ルミナンス、チャンネルと、赤、緑、青のカラーチャンネルを調整する事ができます。

カラーカーブを使って色補正するには、画面右上にある「カラーカーブ」色補正エフェクトをクリップに追加してから、「カラー」インスペクタで色の設定を調整します。カラーカーブは、色調範囲(シャドウ、中間色調、ハイライト)がカーブに沿って配置されています。カーブをクリックしてコントロールポイントを作って、そのコントロールポイントを上下にドラッグして動かし、特定の色調範囲について色の強度を上げたり下げたりして調整できます。Final Cut Pro Xでカラーカーブ「Color Curves」を使った色補正の方法は、動画でわかりやすく紹介していますのでチュートリアル動画をご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。

ほしい物リスト