Final Cut Pro X ルマフェードトランジション「Luma Fade Transition」の方法

Final Cut Pro X ルマフェードトランジション「Luma Fade Transition」の方法

Final Cut Pro Xの「ルミナンスキーヤー」で輝度を使ったルマフェードトランジション「Luma Fade Transition」の方法を紹介します。

ルマフェードトランジション「Luma Fade Transition」の方法

Final Cut Pro Xのエフェクトにある「ルミナンスキーヤー」を使って、映像の輝度を利用したトランジション「Luma Fade Transition」の方法を紹介します。

ルマフェードトランジションの方法は、タイムラインにある映像クリップの繋ぎ目から数フレーム手前を「ブレード」ツールでカットして、そのクリップを次のクリップの上に持ち上げて置きます。エフェクトの「キーイング」から「ルミナンスキーヤー」を適用させて「キーフレーム」を打っていくのですが、映像の明るい部分から切り替わるトランジションにするのか、映像の暗い部分から切り替わるトランジションにするのかで「ルミナンス」の調整が変わります。ルマフェードトランジションは、その2パターンのやり方があります。

Final Cut Pro Xの「ルミナンスキーヤー」で輝度を使ったルマフェードトランジション「Luma Fade Transition」の方法は動画でわかりやすく紹介していますので、チュートリアル動画をご覧下さい。

          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。

ほしい物リスト