Video Editing

Final Cut Pro X 「静止画像」を書き出し保存する方法

Final Cut Pro Xのタイムラインにある動画を「静止画像」として保存する方法を紹介します。

Final Cut Pro X 「静止画像」を保存する方法

Final Cut Pro Xのタイムラインに並ぶ動画のクリップから、静止画を書き出して保存する方法を紹介します。YouTubeにアップする為のサムネイル画像を作るときなんかに静止画を簡単に保存する事ができます。

まずは、Final Cut Pro Xのタイムラインにある動画クリップの再生ヘッドの位置を画像にしたいフレームの位置に止めます。Final Cut Pro Xの画面上部にあるメニュー「ファイル」から「共有」の中にある「現在のフレームを保存」を選択します。画面の右上にある「アイコン」をクリックしても「現在のフレームを保存」をする事ができます。「現在のフレームを保存」を選択すれば、ウィンドウが表示されるので保存する画像の名前や保存先を選択すれば、Final Cut Pro Xの動画から「静止画像」を保存する事ができます。動画でわかりやすく紹介していますので、ぜひご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tags

Comment