Final Cut Pro X 「スピードランプ」で緩急をつける速度調整の方法

Final Cut Pro X 「スピードランプ」で緩急をつける速度調整の方法

Final Cut Pro Xで、映像の速度に緩急をつける「Speed Ramp」スピードランプの方法を紹介します。

「スピードランプ」で緩急をつける速度調整の方法

Final Cut Pro Xで、映像の速度に緩急をつける「Speed Ramp」スピードランプの方法を紹介します。スピードランプは映像の速度に緩急をつける事によってメリハリのある印象にする事ができます。注目してもらいたいところをスローにしてエフェクトのように使っても良いし、シーンの切り替わりでトランジションのようにして使ってもお洒落な感じに仕上がります

スピードランプのやり方は、タイムラインにある映像クリップの再生ヘッドを速度を速めたい位置と速度を緩めたい位置にセットして「リタイミング」の「ブレード速度」でカットしていきます。ブレード速度で緩急をつけたい前後の位置をカットして、真ん中のクリップの速度を変更したら完成です。映像を観ながら速度調整をしていくのですが、BGMなどがある場合には音に合わせて緩急をつけるとカッコ良い映像になります。Final Cut Pro Xで、映像の速度に緩急をつける「Speed Ramp」スピードランプの方法は動画でわかりやすく紹介していますので、チュートリアル動画をご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。

ほしい物リスト