一眼動画撮影にオススメ!可変式NDフィルター「K&F CONCEPT ND2-ND400」

一眼動画撮影にオススメ!可変式NDフィルター「K&F CONCEPT ND2-ND400」

一眼動画の撮影では必須となる可変式NDフィルター「K&F CONCEPT ND2-ND400」を紹介します。

可変式NDフィルター「K&F CONCEPT ND2-ND400」

日中の一眼動画撮影では絶対に必要となってくるNDフィルターですが、その中でもコスパが良いと評判だった可変式NDフィルター「K&F CONCEPT ND2-ND400」を購入しました。写真撮影や一眼動画のS-Log撮影で何度か使用した結果を紹介します。

この可変式NDフィルター「K&F CONCEPT ND2-ND400」は、他社の可変式NDフィルターに比べて販売価格がとても安いです。有名なところですと「Kenko」や「marumi」の可変式NDフィルターで値段が2~5万円くらいになりますが、この「K&F CONCEPT ND2-ND400」は3000円くらいで手に入ります。他の方のレビューや価格を見て「Kenko」のNDフィルターにするか迷いましたが、値段が安くそこそこ使えるのならと思いショッピングカートに入れていた「K&F CONCEPT ND2-ND400」の方をネットでポチりました。到着した商品を開封してまず思ったのは、値段のわりに作りがしっかりとしていてチープな感じは全く無いということ。

一眼動画の撮影にピッタリの可変式NDフィルター「K&F CONCEPT ND2-ND400」

この「K&F CONCEPT」の可変式NDフィルターは、ND2~ND400までを調節できるので撮影時の明るさを見てわざわざNDフィルターを取り替えなくても良いのが非常に便利です。僕はSONY A7Ⅲを使用しているのでピクチャープロファイルをPP7のS-Log2にして撮影する事が多いです。このS-Log2撮影はISO800~になるので日中の明るい場所ではNDフィルターがないと明るすぎて画面が真っ白になるので、このバリアブルNDフィルターが必須になります。

NDの数値はフィルターをクルクルと回すと変えれるので、撮影中も簡単に暗さを調整する事できます。ムラやホワイトバランスは高濃度域で少し気になるところもありますが、この価格で使える範囲である事と低濃度域ならさほど気になるような事もないので全然使用できるレベルだと思います。本気のプロの方は妥協せずに高価なNDフィルターを購入されるのが良いと思いますが、アマチュアの方や一眼動画でもLog撮影をしてLUTで調整する方ならこの可変式NDフィルター「K&F CONCEPT ND2-ND400」で十分だと思います。

NDフィルター「K&F CONCEPT」レンズフードとレンズキャップの装着について

他の方のレビューを見ていると「K&F CONCEPT」のNDフィルターは、レンズフードやレンズキャップが取り付けできなくなると書かれていましたが、僕の使用するSONY A7Ⅲのレンズ「FE 50mm F1.8(SEL50F18F)」は、49mmのNDフィルターで使用していますが、レンズフードも装着できますしNDフィルターの上からレンズキャップも装着できています。使用するレンズによってはレンズフードやレンズキャップが装着できなくなる事もあるんだと思いますが、SONY A7Ⅲのレンズ「FE 50mm F1.8(SEL50F18F)」は問題なく装着できました。

NDフィルターのサイズ選びとステップアップリング

NDフィルターは、使用されるレンズのサイズが何mmかを調べて購入する必要があります。頻繁に使うレンズでサイズを迷っている場合は、お手持ちのレンズの大きいサイズに合わせてNDフィルターを購入して「ステップアップリング」でサイズを調整して装着する方法もオススメです。ただし、ステップアップリングでは「ケラレ」が生じやすいので注意も必要です。

          

関連記事


Written by

Videographer / Web Designer 動画編集・映像制作(Final Cut Pro X,YouTube)Webデザイン・HP制作(WordPress,SEO,アフィリエイト)一眼レフカメラ・ドローン(Vlog撮影,一眼動画撮影)などの情報を「松岡高宏」がブログで発信します。

ほしい物リスト