Web Design

WordPress 「Breadcrumb NavXT」パンくずリストを表示させる方法

WordPressのパンくずリストプラグインなら「Breadcrumb NavXT」がオススメ!

パンくずリストのプラグイン「Breadcrumb NavXT」

WordPressで作っているWEBサイトやブログなら、SEO対策にも効果のあるパンくずリストを「Breadcrumb NavXT」のプラグインで設置しておきましょう!とても簡単にパンくずリストを表示できるのでオススメです!

パンくずリストの設置方法は、「Breadcrumb NavXT」プラグインを「プラグインの追加」から検索し、まずはインストールをします。インストールが完了すれば、有効化をクリック。パンくずリストを表示させたい場所に下のコードを記述すると表示されるので、僕の場合は固定ページには表示させずブログの投稿ページだけにパンくずリストを表示させているので、個別投稿ページである「single.php」のファイルに記述します。全てのページに表示させるのであれば「header.php」のファイルにコードを直接記述すると表示されます。

パンくずリストを表示させたい場所に直接コードを記述する方法

ブログなどの投稿ページだけにパンくずリストを表示させたい場合は、このコードを直接「single.php」のファイルに記述するので、ダッシュボードの管理画面の「外観」から「テーマの編集」をクリックして、個別投稿の「single.php」を選択します。コードをコピーして貼り付けるだけの簡単な作業にはなりますが、念のために既に記述されている「single.php」のコードをコピーしてメモ帳かEvernoteなんかに保存してから上記のコードを貼り付けましょう。

<div class="breadcrumbs" typeof="BreadcrumbList" vocab="https://schema.org/">
    <?php if(function_exists('bcn_display'))
    {
        bcn_display();
    }?>
</div>

WordPressのテンプレートにもよりますが、大抵は「content」と記述されたコードのすぐ下にコードを記述すると、投稿ページの上部の場所にパンくずリストが表示されます。この投稿ページの上部にも表示されているので、どんな感じに表示されているか確認できると思います。パンくずリストのテキストのサイズや色などは、CSSで装飾することができます。

SEOに効果的なパンくずリスト

パンくずリストをWEBサイトやブログに表示させることで、サイト訪問者のユーザビリティの向上(サイト内を巡回しやすい)や、Googleのクローラーもサイト内の階層を巡回してくれやすくなるのでSEO効果もあります。なんせ、パンくずリストを表示させておくデメリットがないので、「Breadcrumb NavXT」のプラグインを使ってサクッと設置しておきましょう!

パンくずリストの由来「ヘンゼルとグレーテル」

なぜパンくずリストと呼ばれているのかと言うと、童話の「ヘンゼルとグレーテル」が由来でヘンゼルが道に迷わず家に戻れるように「パン」を少しずつ落としながら歩いたというエピソードから、サイト内を迷わないように巡回できる「パンくずリスト」と呼ばれるようになったそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tags