Video Editing

Final Cut Pro X エヴァンゲリオン風「フォント」にする方法

Final Cut Pro Xでテキストをアニメ「エヴァンゲリオン風」のフォントにする方法を紹介します。

エヴァンゲリオン風「フォント」にする方法

Final Cut Pro Xを使って、テキストをアニメ「エヴァンゲリオン風」のフォントにする方法を紹介します。エヴァンゲリオンで使われているフォントは、極太の明朝体「マティス-EB」というフォントですが、Final Cut Pro Xにはデフォルトで入っていないので、よく似た感じに仕上げる為に「ヒラギノ明朝Pro」の太字「W6」を使ってそっくりなフォントにします。

エヴァンゲリオン風のフォントにする方法は、「タイトル」から「カスタム」をタイムラインに持っていき、テキストを入力した後にフォントを「ヒラギノ明朝Pro」にして、太字の「W6」を選択します。エヴァ風の雰囲気を出す為に、フォントのサイズを一ヶ所だけ大きくして強調したり、赤色にしたりするといい感じになります。

Final Cut Pro Xでテキストをアニメ「エヴァンゲリオン風」のフォントにする方法は、動画で分かりやすく紹介していますのでチュートリアルをご覧下さい。

Final Cut Pro X 「フリーフォント」を入れる方法

Final Cut Pro X に、フリーフォントを入れる方法を紹介している記事も書いていますのでよかったらご覧下さい。映像制作をする時にデフォルトで入っているフォントではなくて、お洒落なフリーフォントを使って映像編集をしてみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
#