Web Design

この記事を書いた人を表示させるプラグイン「Simple Author Box」

WordPressで「この記事を書いた人」のプロフィールを表示させるプラグインを紹介します。

WordPressの投稿記事に「この記事を書いた人」を表示させる方法

ワードプレスの投稿記事の下に「この記事を書いた人」と、よくあるプロフィールを表示させるプラグイン「Simple Author Box」を紹介します。ワードプレスで「この記事を書いた人」のプロフィールを表示できるプラグインがいくつかありますが、一番シンプルなデザインで簡単に設置できるのが「Simple Author Box」です。

ブログの記事下に表示される「この記事を書いた人」のプロフィールは、サイトを複数の人で運営している場合でも誰が記事を書いているのか分かりますし、記事を書いた人のSNSを表示させておくとフォローしてもらえる確率も上がるのでオススメです。

WordPress plugins「Simple Author Box」

ワードプレスのプラグイン「Simple Author Box」は、管理画面からインストールして簡単に設定できます。まずは、管理画面にある「プラグイン」→「新規追加」から「Simple Author Box」と検索し「今すぐインストール」→「有効化」にします。すると、管理画面のメニューに「Simple Author Box」が追加されるので、クリックして「Settings」「Appearance」「Color」「Typography」「Misc」の項目から設定を決めていきます。

「Settings」
・シンプルオーサーボックスを手動で挿入する
・著者の説明が空の場合、著者ボックスを非表示にします
・著者のメールを表示
・新しいタブでソーシャルアイコンリンクを開く
・著者ボックスのソーシャルアイコンを非表示にする
・アーカイブの作成者ボックスを非表示にする

「Appearance」
・著者ボックスの上余白
・著者ボックスの下マージン
・著者ボックスの上部と下部のパディング
・著者ボックスの左右のパディング
・ボーダー幅
・著者アバター画像スタイル
・著者のウェブサイトを表示
・ソーシャルアイコンの種類

「Color」
・著者名の色
・ボーダーの色
・ソーシャルアイコンバーの背景色
・著者ボックスの背景色
・著者ボックスの段落の色
・著者ボックスのリンクの色
・ソーシャルアイコンの色(記号のみ)

「Typography」
・Googleフォント文字サブセット
・著者名フォントファミリー
・著者記述フォントファミリー
・著者名のフォントサイズ
・著者の説明のフォントサイズ
・ソーシャルアイコンのサイズ
・著者の説明のフォントスタイル

「Misc」
・生成されたインラインスタイルをフッターに読み込む

管理画面 「ユーザー」でプロフィールを入力する

次は、ワードプレスの管理画面の「ユーザー」から「プロフィール情報」と「Custom User Profile Image (Simple Author Box)」でプロフ画像と「Social Media Links (Simple Author Box)」でSNSのリンクを入れて「プロフィールを更新」を押せば完了です。

ブログの投稿記事の下に「この記事を書いた人」のプロフィールが表示されていると思います。ワードプレスのプラグイン「Simple Author Box」は、特に難しい設定もなく表示させる事ができるので試してみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tags