Photography

iPhoneにRAW画像を取り込める「Lightning – SDカードカメラリーダー」

iPadやiPhoneにRAW画像や動画を取り込める「Lightning – SDカードカメラリーダー」が便利すぎる。

Apple「Lightning – SDカードカメラリーダー」

iPadやiPhoneに簡単に写真(JPEGやRAW)や動画を取り込む事ができるApple純正の「Lightning – SDカードカメラリーダー」を紹介します。この「Lightning – SDカードカメラリーダー」があれば、外出している時でもサクッとiPhoneに入れている画像加工アプリの「Lightroom」や「VSCO」でRAW現像ができるのでとても便利です。

Apple「Lightning – SDカードカメラリーダー」
価格 : ¥2,800 (税別)
型番 : MJYT2AM/A
システム条件 : iOS 9以降を搭載したiPhone、iPad、iPod touchのモデル

公式サイト :
https://www.apple.com/jp/shop/product/MJYT2AM/A/lightning-sdカードカメラリーダー

取り込みできる写真や動画のフォーマット

取り込む方法も簡単で、SDカードをリーダーに差し込むとiPadやiPhoneの「写真」アプリケーションが自動的に開いてすぐに読み込みができます。「Lightning – SDカードカメラリーダー」は、「JPEG」や「RAW」などの標準的な写真フォーマットのほかにも、「H.264」や「MPEG-4」などSDとHDのビデオフォーマットも取り込む事ができます。

データ転送の速度も速い!

データ転送は、12.9インチiPad Proと10.5インチiPad Proでは「USB 3.0」の速度に対応し、9.7インチiPad Proを含めたiPadのその他のモデルやiPhoneのすべてのモデルでは「USB 2.0」の速度に対応します。

iPhoneにRAW画像を取り込める便利なアイテム

この「Lightning – SDカードカメラリーダー」を購入してからは、iPhoneアプリの「Lightroom」や「VSCO」でRAW現像をする事が多くなりました。以前は自宅のPCで「Lightroom」を使って現像していましたが、これがあると撮影した後にすぐRAW現像してSNSにアップしたり友達に画像を送ったりできるので常にバッグに入れて持ち歩いています。

iPhoneにRAW画像の取り込みをして、フィルム感のある写真にしたい時は画像加工アプリ「VSCO」がオススメです。無料で使えるフィルターだけでも、良い感じの加工が簡単にできます。「VSCO」について書いた記事も、よかったらご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Comment