Photography, Video Editing

SONY「α6600」動画クリエイターや「Vlog」撮影にオススメのカメラ!

SONY「α6600」が手ブレ補正とバッテリー持ちが改善されて動画クリエイターにも嬉しいスペックになって登場。

SONY「α6600」ILCE-6600

APS-CミラーレスカメラのSONY「α6600」がフラッグシップ機として登場!写真撮影としては十分すぎるスペックですが、動画クリエイターにも嬉しいスペックとなっています。噂はされていましたが、ようやくボディ内手ブレ補正が搭載されているので動画でも使いやすい仕様になりました。他にもバッテリーが「NP-FZ100」に対応しているので長時間の撮影にも困る事はなさそうです。バッテリー持ちと手ぶれ補正が改善された「α6600」は、動画クリエイターやVlogをされている方に人気が出そうな感じがします。

デジタル一眼カメラ「α6600」
ILCE-6600 ボディ 11月1日発売予定
ILCE-6600M 高倍率ズームレンズキット E 18-135mm F3.5-5.6 OSS(SEL18135) 11月1日発売予定

HP : https://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-6600/

SONY「α6600」ILCE-6600 スペック

・5軸ボディ内手ブレ補正を搭載
・連写は11コマ/秒(AF/AE追従)、静音モードで8コマ/秒
・センサーは24.2MPのAPS-C
・425点位相差AF、リアルタイム瞳AF、リアルタイムトラッキング
・動画のリアルタイム瞳AF、リアルタイムトラッキング
・ISO 100~32000 拡張102400
・180度開く92.16万ドットのチルト式モニター
・235.9万ドット有機EL EVF 
・4K30p動画(HDRで内部収録)
・ピクチャープロファイル(HLG/S-log3/S-log2)
・マイク端子、ヘッドホン端子搭載
・Zバッテリー「NP-FZ100」
・重さは503グラム

SONY「α6600」販売価格と発売日

SONY「α6600」の販売価格は、カメラ本体が1,400ドル(日本円で約15万円)でレンズキットが(E 18-135mm F3.5-5.6 OSS レンズ付き)1,800ドル(日本円で約19万円)のようです。11月1日に発売が開始されます。

SONY「α6600」動画クリエイターにオススメのカメラに

「α6500」の後継機として登場したSONY「α6600」ですが、スペックを見た感じ写真撮影をする人にはあまり大きなサプライズになっていないかもしれないですが、動画撮影をメインとして使いたい方にはとても嬉しい改善がされています。とくに「5軸ボディ内手ブレ補正」が搭載されたことや、バッテリーが大容量のZバッテリー「NP-FZ100」になっているのでバッテリー持ちが良くなったこと、動画の「リアルタイム瞳AF」や「リアルタイムトラッキング」など、動画クリエイターやVlog撮影を考えている人にはめちゃくちゃ使える仕様になっています。

180度開くチルト式モニターで自撮りも出来るし、4K撮影でLog撮影もできるので一眼動画でカッコいい映像を撮影してみたいユーチューバーなんかにもオススメできるカメラです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tags

Comment