Video Editing

YouTube「終了画面」にチャンネル登録ボタンと関連動画を表示させる方法

YouTubeの動画最後に「チャンネル登録ボタン」と「関連動画」を表示させる方法を紹介します。

YouTube「終了画面」の設定方法

アップロードしたYouTubeの動画の最後に「チャンネル登録ボタン」と「関連動画」を表示させる方法を紹介します。YouTube動画の「終了画面」の設定は、最後まで動画を観てくれた視聴者に関連した動画やチャンネル登録を促す事ができます。再生回数アップやチャンネル登録者数を増やす為にも絶対に設定しておきましょう!

YouTube「終了画面」は、動画最後の 5~20秒に表示させる事ができます。まずは、アップロードした動画の編集画面に入り、上のメニュー項目にある「終了画面を」クリックします。

YouTube 終了画面「テンプレートを使用」と「動画からインポート」

終了画面の設定ページにきたら、「テンプレートを使用」をクリックして「チャンネル登録ボタン」や「関連動画」の配置するパターンを選びます。何種類かのテンプレートがありますのでお気に入りのモノを選んで下さい。一度テンプレートを決めて「変更を保存」すると、次にアップロードした動画からは「テンプレートを使用」の右にあるボタン「動画からインポート」を選択することで、以前の「終了画面」の設定をそのままコピーして使うことが可能になります。

YouTube 終了画面「テンプレート」の選択

YouTubeの終了画面に表示させる「チャンネル登録ボタン」と「関連動画」はテンプレートは、たくさんのパターンがありますが動画を2つ以上表示させるタイプを選んでおくのが良いでしょう!動画を表示させるテンプレートを決めたら「要素を追加」から、表示させるウィンドウに「最新のアップロード」と「視聴者に適したコンテンツ」「動画または再生リストを選択」のどれかを選択しましょう。

「要素を追加」からは、アップロードした動画を最新のものから自動的に表示させる「最新のアップロード」、自分のチャンネルから視聴者に合わせた動画を自動で表示する「視聴者に適したコンテンツ」、観てもらいたい動画を自分で設定する「動画または再生リストを選択」の3つから選択することができます。

YouTube「終了画面」の設定は必須

YouTubeにアップロードした動画の最後に「チャンネル登録ボタン」と「関連動画」を表示させる事ができる「終了画面」の設定はメリットしかないので必須だと思います。注意しなければならない点は、動画の最後に5~20秒に表示させるので「終了画面」と動画のエンディングが被らないように5~20秒の終了画面用の動画を用意する必要があります。表示されるウィンドウと被る事が気にならない方は、そのまま「終了画面」の設定をしても大丈夫です。「終了画面」の設定は簡単にできるので、視聴回数のアップやチャンネル登録者数を増やす為にもやっておきましょう。

アップロードしたYouTubeの動画の最後に「チャンネル登録ボタン」と「関連動画」を表示させる方法は動画で分かりやすく紹介していますので、チュートリアル動画をご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tags

Comment