Video Editing

Final Cut Pro X「ショートカットキー」一覧表

Final Cut Pro Xの「ショートカットキー」を一覧表にしてみました。

Final Cut Pro X「ショートカットキー」

キーボードショートカットを使えば「Final Cut Pro X」の作業効率が圧倒的に良くなります。編集作業で良く使う簡単な「ショートカットキー」から覚えて行きましょう!

Final Cut Pro X でよく使う「ショートカットキー」

「Final Cut Pro X」には「ショートカットキー」が大量にありますが、その中でも編集作業で頻繁に使うモノを厳選して紹介します。この「ショートカットキー」を覚えておくと映像編集中に超便利だと思うはずです。


アクションコマンドショートカット
最後のコマンドを取り消す変更を取り消す⌘ + Z
選択部分をコピーコピー⌘ + C
選択部分をカットカット⌘ + X
スキマーまたは再生ヘッドの位置にクリップボードの内容を挿入再生ヘッドの位置でペースト挿入⌘ + V
「選択」ツールをアクティブにする「選択」(矢印)ツールA
「ブレード」ツールをアクティブにする「ブレード」ツールB
「ズーム」ツールをアクティブにする「ズーム」ツールZ
選択したすべてのクリップの音量を特定の dB 値に調整音量を調節(絶対)Control + Option + L
選択したエフェクトとその設定をコピーエフェクトをコピーOption + ⌘ + C
エフェクトとその設定を選択部分にペーストエフェクトをペーストOption + ⌘ + V

Final Cut Pro X「アプリケーション」ショートカットキー

アクションコマンドショートカット
「Final Cut Pro」を隠すアプリケーションを隠す⌘ + H
「Final Cut Pro」以外のすべてのアプリケーションを隠すほかのアプリケーションを隠すOption + ⌘ + H
「コマンドエディタ」を開くキーボードカスタマイズOption + ⌘ + K
「Final Cut Pro」をしまうウインドウをしまう⌘ + M
既存のライブラリまたは新しいライブライを開くライブラリを開く⌘ + O
「Final Cut Pro」環境設定ウインドウを開く環境設定⌘ +カンマ(,)
「Final Cut Pro」を終了終了⌘ + Q
最後のコマンドをやり直す変更をやり直すShift + ⌘ + Z
最後のコマンドを取り消す変更を取り消す⌘ + Z

Final Cut Pro X「編集」ショートカットキー

アクションコマンドショートカット
選択したすべてのクリップの音量を特定の dB 値に調整音量を調節(絶対)Control + Option + L
選択したすべてのクリップの音量を同じ dB 値で調整音量を調節(相対)Control + L
選択個所をストーリーラインの末尾に追加ストーリーラインに追加E
選択したクリップをオーディションに追加オーディション:オーディションに追加Control + Shift + Y
タイムラインのクリップとその複製を使って(適用されているエフェクトを含む)、オーディションを作成オーディション:オーディションとして複製Option + Y
適用されているエフェクトを除いて、選択したオーディションクリップを複製オーディション:オリジナルから複製Shift + ⌘ + Y
オーディションを作成し、タイムラインのクリップを現在の選択部分に置き換えオーディション:置き換えてオーディションに追加Shift + Y
スキマーまたは再生ヘッドの位置にある基本ストーリーラインクリップ(または選択部分)をカットブレード⌘ + B
スキマーまたは再生ヘッドの位置にあるすべてのクリップをカットすべてをブレードShift + ⌘ + B
選択した項目をコンポーネント部品に分割クリップ項目を分割Shift + ⌘ + G
選択部分の継続時間を変更継続時間を変更Control + D
デフォルトの下三分の一を基本ストーリーラインに接続デフォルトの下三分の一を接続Control + Shift + T
デフォルトのタイトルを基本ストーリーラインに接続デフォルトのタイトルを接続Control + T
選択個所を基本ストーリーラインに接続基本ストーリーラインに接続Q
選択の終了点をスキマーまたは再生ヘッドの位置に合わせて、選択部分を基本ストーリーラインに接続基本ストーリーラインに接続 – バックタイムShift + Q
選択部分をコピーコピー⌘ + C
選択部分からオーディションを作成オーディションを作成⌘ + Y
選択した接続クリップからストーリーラインを作成ストーリーラインを作成⌘ + G
選択部分をカットカット⌘ + X
マルチカムクリップをカットして、現在のバンクのアングル 1 に切り替えカットしてビューア・アングル 1 に切り替え1
マルチカムクリップをカットして、現在のバンクのアングル 2 に切り替えカットしてビューア・アングル 2 に切り替え2
マルチカムクリップをカットして、現在のバンクのアングル 3 に切り替えカットしてビューア・アングル 3 に切り替え3
マルチカムクリップをカットして、現在のバンクのアングル 4 に切り替えカットしてビューア・アングル 4 に切り替え4
マルチカムクリップをカットして、現在のバンクのアングル 5 に切り替えカットしてビューア・アングル 5 に切り替え5
マルチカムクリップをカットして、現在のバンクのアングル 6 に切り替えカットしてビューア・アングル 6 に切り替え6
マルチカムクリップをカットして、現在のバンクのアングル 7 に切り替えカットしてビューア・アングル 7 に切り替え7
マルチカムクリップをカットして、現在のバンクのアングル 8 に切り替えカットしてビューア・アングル 8 に切り替え8
マルチカムクリップをカットして、現在のバンクのアングル 9 に切り替えカットしてビューア・アングル 9 に切り替え9
タイムラインの選択部分を削除、ブラウザの選択部分を不採用、またはスルー編集を削除DeleteDelete
選択項目を削除し、接続されたクリップをそれによって作成されるギャップクリップに接続選択項目のみ削除Option + ⌘ + Delete
選択したすべての項目の選択を解除すべてを選択解除Shift + ⌘ + A
ブラウザの選択部分を複製複製⌘ + D
選択部分の再生を有効/無効にするクリップを使用する/使用しないV
選択したクリップでオーディオとビデオを別々に表示オーディオを展開Control + S
タイムラインの選択部分のオーディオコンポーネントを展開/しまうオーディオコンポーネントを展開/しまうControl + Option + S
選択した編集点をスキマーまたは再生ヘッドの位置まで拡張編集を拡張Shift + X
ブラウザのリスト表示で次の項目を選択に追加選択部分を下へ拡張Shift +下矢印
タイムラインで次の項目を選択に追加選択部分を次のクリップへ拡張Control + ⌘ +→
ブラウザのリスト表示で前の項目を選択に追加選択部分を上へ拡張Shift +上矢印
オーディションを終了し、オーディションピックに置き換えオーディションをファイナライズOption + Shift + Y
スキマーまたは再生ヘッドの位置に選択部分を挿入挿入W
タイムラインの再生ヘッドまたはスキマーの位置にフリーズフレームを挿入するか、イベント内のスキマーまたは再生ヘッドの位置からタイムラインの再生ヘッドの位置へフリーズフレームを接続フリーズフレームを挿入/接続Option + F
スキマーまたは再生ヘッドの位置に ギャップクリップ を挿入ギャップを挿入Option + W
スキマーまたは再生ヘッドの位置にデフォルトのジェネレータを挿入デフォルトのジェネレータを挿入Option + ⌘ + W
ストーリーラインから選択部分をリフトし、それによって作成されるギャップクリップに接続ストーリーラインからリフトOption + ⌘ +上矢印キー
オーディオの音量を 1 dB 下げる音量を 1 dB 下げるControl +ハイフン(-)
タイムコード値を入力して再生ヘッドを移動再生ヘッドの位置を移動Control + P
新しい複合クリップを作成(何も選択されていない場合は、空の複合クリップを作成)新規複合クリップOption + G
選択したオーディオ編集点を 1 サブフレーム左に移動して、スプリット編集を行うオーディオサブフレームを細かく左にOption +カンマ(,)
選択したオーディオ編集点を 10 サブフレーム左に移動して、スプリット編集を行うオーディオサブフレームを大きく左にOption + Shift +カンマ(,)
選択したオーディオ編集点を 1 サブフレーム右に移動して、スプリット編集を行うオーディオサブフレームを細かく右にOption +ピリオド(.)
選択したオーディオ編集点を 10 サブフレーム右に移動して、スプリット編集を行うオーディオサブフレームを大きく右にOption + Shift +ピリオド(.)
アニメーションエディタ内の選択したキーフレームの値を細かく下げる細かく下にOption +下矢印
選択項目を 1 単位左に移動細かく左にカンマ(,)
選択項目を 10 単位左に移動大きく左にShift +カンマ(,)
選択項目を 1 単位右に移動細かく右にピリオド(.)
選択項目を 10 単位右に移動大きく右にShift +ピリオド(.)
アニメーションエディタ内の選択したキーフレームの値を細かく上げる細かく上にOption +上矢印
選択したオーディションを開くオーディションを開くY
選択部分のクリップ接続を一時的に上書き接続を上書きアットマーク(@)
スキマーまたは再生ヘッドの位置で上書き上書きD
スキマーまたは再生ヘッドの位置から前を上書き上書き – バックタイムShift + D
基本ストーリーラインのスキマーまたは再生ヘッドの位置で上書き上書きして基本ストーリーラインに置き換えOption + ⌘ +下矢印キー
選択部分をペーストして基本ストーリーラインに接続接続済みとしてペーストOption + V
スキマーまたは再生ヘッドの位置にクリップボードの内容を挿入再生ヘッドの位置でペースト挿入⌘ + V
マルチカムクリップ内の前のアングルに切り替え前のアングルControl + Shift +←
マルチカムクリップ内の前のオーディオアングルに切り替え前のオーディオアングルOption + Shift +左矢印
「オーディション」ウインドウで前のクリップを選択し、オーディションピックにする前のピックControl +←
マルチカムクリップ内の前のビデオアングルに切り替え前のビデオアングルShift + ⌘ +左矢印
オーディオの音量を 1 dB 上げる音量を 1 dB 上げるControl +キャレット(^)
タイムラインで選択したクリップをブラウザの選択部分に置き換え置き換えるShift + R
タイムラインで選択したクリップをブラウザの選択部分の先頭から置き換え始点から置き換えるOption + R
タイムラインで選択したクリップをギャップクリップに置き換えギャップに置き換えShift + Delete
すべてのクリップを選択すべて選択⌘ + A
タイムラインでポインタが置かれているクリップを選択クリップを選択C
スキマーまたは再生ヘッドの位置でタイムラインの現在の選択範囲の上にあるクリップを選択上にあるクリップを選択⌘ +上矢印キー
スキマーまたは再生ヘッドの位置でタイムラインの現在の選択範囲の下にあるクリップを選択下にあるクリップを選択⌘ +下矢印キー
展開表示されているオーディオ/ビデオクリップで、オーディオ編集点の左端を選択オーディオの左端を選択Shift +左ブラケット([)
編集点の左端を選択左端を選択左ブラケット([)
展開表示されているオーディオ/ビデオクリップで、オーディオ編集点の左端と右端を選択オーディオ編集の左端と右端を選択Shift +円記号(¥)
編集点の左端と右端を選択編集の左端と右端を選択円記号(¥)
展開表示されているオーディオ/ビデオクリップで、ビデオ編集点の左端と右端を選択ビデオ編集の左端と右端を選択Control +円記号(¥)
展開表示されているオーディオ/ビデオクリップで、ビデオ編集点の左端を選択ビデオの左端を選択Control +左ブラケット([)
マルチカムクリップ内の次のアングルに切り替え次のアングルを選択Control + Shift +→
マルチカムクリップ内の次のオーディオアングルに切り替え次のオーディオアングルを選択Option + Shift +右矢印
再生ヘッドと選択部分を、同じロールの次の最上位のタイムラインクリップに移動次のクリップを選択⌘ +右矢印
「オーディション」ウインドウで次のクリップを選択し、オーディションピックにする次のピックControl +→
マルチカムクリップ内の次のビデオアングルに切り替え次のビデオアングルを選択Shift + ⌘ +右矢印
再生ヘッドと選択部分を、同じロールの前の最上位のタイムラインクリップに移動前のクリップを選択⌘ +左矢印
展開表示されているオーディオ/ビデオクリップで、オーディオ編集点の右端を選択オーディオの右端を選択Shift +右ブラケット(])
編集点の右端を選択右端を選択右ブラケット(])
展開表示されているオーディオ/ビデオクリップで、ビデオ編集点の右端を選択ビデオの右端を選択Control +右ブラケット(])
追加の範囲選択の終了点を再生ヘッドまたはスキマーの位置に設定追加の範囲選択の終了点を設定Shift + ⌘ + O
追加の範囲選択の開始点を再生ヘッドまたはスキマーの位置に設定追加の範囲選択の開始点を設定Shift + ⌘ + I
編集ポイントが選択されているときに、詳細編集を表示/隠す「詳細編集」を表示/隠すControl + E
スナップの入/切を切り替えスナップN
タイムラインで選択した項目をソロにするソロOption + S
オーディオ/ビデオモードを入にして、選択部分のビデオとオーディオをタイムラインに追加ソースメディア:オーディオとビデオShift + 1
オーディオのみのモードを入にして、選択部分のオーディオをタイムラインに追加ソースメディア:オーディオのみShift + 3
ビデオのみのモードを入にして、選択部分のビデオをタイムラインに追加ソースメディア:ビデオのみShift + 2
選択したキャプションを、元のキャプションのテキスト 1 行につき 1 つの、隣接する 1 行キャプションに置き換えキャプションを分割Control + Option + ⌘ + C
マルチカムクリップを現在のバンクのアングル 1 に切り替えビューア・アングル 1 に切り替えOption + 1
マルチカムクリップを現在のバンクのアングル 2 に切り替えビューア・アングル 2 に切り替えOption + 2
マルチカムクリップを現在のバンクのアングル 3 に切り替えビューア・アングル 3 に切り替えOption + 3
マルチカムクリップを現在のバンクのアングル 4 に切り替えビューア・アングル 4 に切り替えOption + 4
マルチカムクリップを現在のバンクのアングル 5 に切り替えビューア・アングル 5 に切り替えOption + 5
マルチカムクリップを現在のバンクのアングル 6 に切り替えビューア・アングル 6 に切り替えOption + 6
マルチカムクリップを現在のバンクのアングル 7 に切り替えビューア・アングル 7 に切り替えOption + 7
マルチカムクリップを現在のバンクのアングル 8 に切り替えビューア・アングル 8 に切り替えOption + 8
マルチカムクリップを現在のバンクのアングル 9 に切り替えビューア・アングル 9 に切り替えOption + 9
タイムライン内でクリップをドラッグしたときにストーリーラインをビルドする機能の入/切を切り替えストーリーラインモードを切り替えG
選択したクリップまたは一番上のクリップの終了点をスキマーまたは再生ヘッドの位置に合わせてトリミングトリム終了Option +右ブラケット(])
クリップの開始点をスキマーまたは再生ヘッドの位置に合わせてトリミングトリム開始Option +左ブラケット([)
クリップの開始点と終了点を選択範囲に合わせてトリミング選択範囲にトリムOption +円記号(¥)

Final Cut Pro X「エフェクト」ショートカットキー

アクションコマンドショートカット
基本下三分の一を基本ストーリーラインに接続基本下三分の一を追加Control + Shift + T
基本タイトルを基本ストーリーラインに接続基本タイトルを追加Control + T
デフォルトのオーディオエフェクトを選択個所に追加デフォルトのオーディオエフェクトを追加Option + ⌘ + E キー
デフォルトのトランジションを選択個所に追加デフォルトのトランジションを追加⌘ + T
デフォルトのビデオエフェクトを選択個所に追加デフォルトのビデオエフェクトを追加Option + E
現在の「カラーボード」パネル内のコントロールをリセットカラーボード:現在のボードパックをリセットOption + Delete
「カラーボード」の「カラー」パネルに切り替えカラーボード:「カラー」パネルに切り替えControl + ⌘ + C
「カラーボード」の「露出」パネルに切り替えカラーボード:「露出」パネルに切り替えControl + ⌘ + E
「カラーボード」の「サチュレーション」パネルに切り替えカラーボード:「サチュレーション」パネルに切り替えControl + ⌘ + S
選択したエフェクトとその設定をコピーエフェクトをコピーOption + ⌘ + C
選択したキーフレームとその設定をコピーキーフレームをコピーOption + Shift + C
選択したキーフレームとその設定をカットキーフレームをカットOption + Shift + X
バランスカラー補正の入/切を切り替えバランスカラーを有効/無効にするOption + ⌘ + B
クリップ間で音を合わせるマッチオーディオShift + ⌘ + M
クリップ間で色をマッチさせるマッチカラーOption + ⌘ + M
次のテキスト項目に移動次のテキストOption + Tab
選択したパラメータとその設定を選択部分にペーストパラメータをペーストShift + ⌘ + V
エフェクトとその設定を選択部分にペーストエフェクトをペーストOption + ⌘ + V
キーフレームとその設定を選択部分にペーストキーフレームをペーストOption + Shift + V
前のテキスト項目に移動前のテキストOption + Shift + Tab
選択したパラメータを選択部分から削除パラメータを削除Shift + ⌘ + X
選択部分からすべてのエフェクトを削除エフェクトを削除Option + ⌘ + X
リタイミングエディタを表示/隠すリタイミングエディタ⌘ + R
選択部分を通常の速度(1 倍速)で再生するように設定リタイミング:標準速度セグメントを作成Shift + N
2 秒間の静止セグメントを作成リタイミング:静止Shift + H
選択部分をリセットして通常の速度(1 倍速)で順再生リタイミング:リセットOption + ⌘ + R
「ビデオアニメーション」エディタで一度に 1 つのエフェクトだけを表示アニメーションをソロにするControl + Shift + V

Final Cut Pro X「一般」ショートカットキー

アクションコマンドショートカット
タイムラインの選択部分を削除、ブラウザの選択部分を不採用、またはスルー編集を削除DeleteDelete
「フィルタ」ウインドウ(ブラウザの場合)またはタイムラインインデックス(タイムラインの場合)を表示/隠す検索⌘ + F
イベントビューアをアクティブにする「イベントビューア」へ移動Option + ⌘ + 3
デバイス、カメラ、またはアーカイブからメディアを読み込むメディアを読み込む⌘ + I
現在のライブラリの「ライブラリのプロパティ」インスペクタを開くライブラリのプロパティControl + ⌘ + J
選択項目を Finder のゴミ箱に入れるゴミ箱に入れる⌘ + Delete
新しいプロジェクトを作成する新規プロジェクト⌘ + N
現在のプロジェクトの「情報」インスペクタを開くプロジェクトの情報⌘ + J
現在のプロジェクトのすべてのレンダリング処理を開始すべてレンダリングControl + Shift + R
選択部分のすべてのレンダリング処理を開始選択部分をレンダリングControl + R
選択したイベントクリップのソース・メディア・ファイルを Finder に表示Finder に表示Shift + ⌘ + R

Final Cut Pro X「マーク」ショートカットキー

アクションコマンドショートカット
アクティブな言語サブロールの再生ヘッド位置にキャプションを追加キャプションを追加Option + C(キャプションエディタが開いている場合は Control + Option + C)
スキマーまたは再生ヘッドの位置にマーカーを追加マーカーを追加M
ブラウザのフィルタ設定を変更してすべてのクリップを表示すべてのクリップControl + C
マーカーを追加してマーカーのテキストを編集マーカーを追加して変更Option + M
キーワード 1 を選択個所に適用キーワードタグ 1 を適用Control + 1
キーワード 2 を選択個所に適用キーワードタグ 2 を適用Control + 2
キーワード 3 を選択個所に適用キーワードタグ 3 を適用Control + 3
キーワード 4 を選択個所に適用キーワードタグ 4 を適用Control + 4
キーワード 5 を選択個所に適用キーワードタグ 5 を適用Control + 5
キーワード 6 を選択個所に適用キーワードタグ 6 を適用Control + 6
キーワード 7 を選択個所に適用キーワードタグ 7 を適用Control + 7
キーワード 8 を選択個所に適用キーワードタグ 8 を適用Control + 8
キーワード 9 を選択個所に適用キーワードタグ 9 を適用Control + 9
範囲選択を解除選択範囲を解除Option + X
範囲の終了点を解除範囲終了点を解除Option + O
範囲の開始点を解除範囲開始点を解除Option + I
選択したマーカーを削除マーカーを削除Control + M
選択範囲のすべてのマーカーを削除選択範囲のマーカーを削除Control + Shift + M
選択したすべての項目の選択を解除すべてを選択解除Shift + ⌘ + A
選択したキャプションをキャプションエディタで開くキャプションを編集Shift + Control + C
ブラウザの選択部分をよく使う項目として設定よく使う項目F
ブラウザのフィルタ設定を変更して、よく使う項目を表示よく使う項目Control + F
ブラウザのフィルタ設定を変更して、不採用のクリップを隠す不採用を隠すControl + H
新規キーワードコレクションを作成新規キーワードコレクションShift + ⌘ + K
新規スマートコレクションを作成新規スマートコレクションOption + ⌘ + N
「範囲選択」ツールをアクティブにする「範囲選択」ツールR
ブラウザの現在の選択項目を不採用としてマーク
注記:ブラウザではなくタイムラインがアクティブになっている場合は、Delete キーを押すと選択項目が削除されます。
不採用にするDelete
ブラウザのフィルタ設定を変更して、不採用のクリップを表示不採用Control + Delete
ブラウザの選択部分からすべてのキーワードを削除選択部分からすべてのキーワードを取り除くControl + 0
選択したクリップのコンポーネントにダイアログサブロールを適用ロール:「ダイアログ」ロールを適用Control + Option + D
選択したクリップのコンポーネントにエフェクトサブロールを適用ロール:「エフェクト」ロールを適用Control + Option + E
選択したクリップのコンポーネントにミュージックサブロールを適用ロール:「ミュージック」ロールを適用Control + Option + M
選択したクリップに「タイトル」ロールを適用ロール:「タイトル」ロールを適用Control + Option + T
選択したクリップに「ビデオ」ロールを適用ロール:「ビデオ」ロールを適用Control + Option + V
すべてのクリップを選択すべて選択⌘ + A
範囲選択 をスキマーまたは再生ヘッドの位置にあるクリップの境界に合わせるクリップ範囲を選択X
追加の範囲選択の終了点を再生ヘッドまたはスキマーの位置に設定追加の範囲終了点を設定Shift + ⌘ + O
追加の範囲選択の開始点を再生ヘッドまたはスキマーの位置に設定追加の範囲開始点を設定Shift + ⌘ + I
範囲の終了点を設定範囲終了点を設定O
テキストフィールドの編集中に範囲の終了点を設定範囲終了点を設定Control + O
範囲の開始点を設定範囲開始点を設定I
テキストフィールドの編集中に範囲の開始点を設定範囲開始点を設定Control + I
選択部分からレートを削除レートなしU

Final Cut Pro X「整理」ショートカットキー

アクションコマンドショートカット
新規イベントを作成新規イベントOption + N
新規フォルダを作成新規フォルダShift + ⌘ + N
選択したクリップをブラウザに表示「ブラウザ」に表示Shift + F
開いているプロジェクトをブラウザに表示ブラウザにプロジェクトを表示Option + Shift + ⌘ + F
選択したイベントクリップを同期クリップを同期Option + ⌘ + G

Final Cut Pro X「再生と操作」ショートカットキー

アクションコマンドショートカット
オーディオスキミングの入/切を切り替えオーディオをスキミングShift + S
タイムラインのコンテキスト内でピックを再生オーディション:プレビューControl + ⌘ + Y
クリップスキミングの入/切を切り替えクリップをスキミングOption + ⌘ + S
マルチカムのカットおよび切り替え時にオーディオのみモードを入にするマルチカムオーディオのみをカット/切り替えOption + Shift + 3
マルチカムのカットおよび切り替え時にオーディオ/ビデオモードを入にするマルチカムオーディオおよびビデオをカット/切り替えOption + Shift + 1
マルチカムのカットおよび切り替え時にビデオのみモードを入にするマルチカムビデオのみをカット/切り替えOption + Shift + 2
次の項目(ブラウザの場合)または次の編集点(タイムラインの場合)へ移動
テキストフィールドの編集中に次の項目(ブラウザの場合)または次の編集点(タイムラインの場合)へ移動Control +↓
再生ヘッドを 10 フレーム戻す10 フレーム戻るShift +←キー
再生ヘッドを 10 フレーム進める10 フレーム進むShift +→キー
再生ヘッドをタイムラインの先頭またはブラウザの最初のクリップへ移動先頭へ移動Home キー
再生ヘッドをタイムラインの末尾またはブラウザの最後のクリップに移動末尾に移動End キー
現在のマルチカムクリップ内の次のアングルバンクを表示次のバンクに移動Option + Shift +コロン(:)
再生ヘッドをタイムラインの次の編集点へ移動次の編集点へ移動コロン(:)
再生ヘッドをインターレースクリップの次のフィールドへ移動次のフィールドに移動Option +右矢印
再生ヘッドを次のフレームへ移動次のフレームに移動
再生ヘッドを次のオーディオサブフレームへ移動次のサブフレームへ移動⌘ +右矢印
現在のマルチカムクリップ内の前のアングルバンクを表示前のバンクに移動Option + Shift +セミコロン(;)
再生ヘッドをタイムラインの前の編集点へ移動前の編集点へ移動セミコロン(;)
再生ヘッドをインターレースクリップの前のフィールドへ移動前のフィールドに移動Option +左矢印
再生ヘッドを前のフレームへ移動前のフレームに移
再生ヘッドを前のオーディオサブフレームへ移動前のサブフレームへ移動⌘ +左矢印
再生ヘッドを範囲選択の末尾へ移動範囲の末尾へ移動Shift + O
再生ヘッドを範囲選択の先頭へ移動範囲の先頭へ移動Shift + I
360° ビューアを時計回りにロール時計回りに見回すControl + Option + ⌘ +右ブラケット
360° ビューアを反時計回りにロール反時計回りに見回すControl + Option + ⌘ +左ブラケット
360° ビューアを下にチルト下を見るControl + Option + ⌘ +下矢印
360° ビューアを左にパン左を見るControl + Option + ⌘ +左矢印
360° ビューアを右にパン右を見るControl + Option + ⌘ +右矢印
360° ビューアを上にチルト上を見るControl + Option + ⌘ +上矢印
ループ再生の入/切を切り替えループ再生Command + L
接続した VR ヘッドセットのディスプレイを 360° ビューアにミラーリングVR ヘッドセットをミラーリングControl + Option + ⌘ + 9
スキミングしたアングルのオーディオモニタリングの入/切を切り替えオーディオをモニタShift + A
マイナスのタイムコード値を入力し、選択内容に応じて、再生ヘッドを戻す、前のクリップに戻る、あるいは範囲またはクリップをトリミングマイナスのタイムコード入力ハイフン(-)
次の項目(ブラウザの場合)または次の編集点(タイムラインの場合)へ移動次のクリップControl + ⌘ +→
再生ヘッドを次のマーカーへ移動次のマーカーControl +コロン(:)
接続した VR ヘッドセットに 360° ビデオを送信VR ヘッドセットに出力Control + Option + ⌘ + 7
再生ヘッドの位置の周辺を再生折り返して再生Shift +疑問符(?)
順再生(L キーを押して再生速度を段階的に上げる)順方向に再生L
再生ヘッドの位置から再生再生ヘッドから再生Option +スペースバー
スキマーまたは再生ヘッドの位置からフルスクリーンで再生フルスクリーンで再生Shift + ⌘ + F
逆再生(J キーを押して逆再生速度を段階的に上げる)逆再生J
テキストフィールドの編集中に逆再生(J キーを押して逆再生速度を段階的に上げる)逆再生Control + J
逆再生逆再生Shift + ⌅
選択項目を再生選択項目を再生スラッシュ(/)
再生ヘッドから選択範囲の末尾まで再生最後まで再生最後まで再生
再生を開始/一時停止再生/一時停止スペースバー
テキストフィールドの編集中に再生を開始/一時停止再生/一時停止Control +スペースバー
プラスのタイムコード値を入力し、選択内容に応じて、再生ヘッドを進める、後のクリップに進む、あるいは範囲またはクリップをトリミングプラスのタイムコード入力キャレット(^)
前の項目(ブラウザの場合)または前の編集点(タイムラインの場合)へ移動前のクリップControl + ⌘ +←
再生ヘッドを前のマーカーへ移動前のマーカーControl +セミコロン(;)
スキミングしたアングルをモニタリングアングルとして設定モニタリングアングルを設定Shift + V
スキミングの入/切を切り替えスキミングS
「アフレコを録音」ウインドウからオーディオ録音を開始/停止アフレコ録音を開始/停止Option + Shift + A
再生を停止停止K
テキストフィールドの編集中に再生を停止停止Control + K
タイムライン履歴を 1 レベル戻るタイムライン履歴内を戻る⌘ +左角かっこ([)
タイムライン履歴を 1 レベル進むタイムライン履歴内を進む⌘ +閉じかっこ(])キー
前の項目(ブラウザの場合)または前の編集点(タイムラインの場合)へ移動
テキストフィールドの編集中に前の項目(ブラウザの場合)または前の編集点(タイムラインの場合)へ移動Control +↑

Final Cut Pro X「共通およびツール」ショートカットキー

アクションコマンドショートカット
デフォルトの出力先を使用して、選択したプロジェクトまたはクリップを共有します。デフォルトの出力先で共有⌘ + E
「選択」ツールをアクティブにする「選択」(矢印)ツールA
「ブレード」ツールをアクティブにする「ブレード」ツールB
クロップツールをアクティブにし、選択したクリップまたは再生ヘッド位置の一番上のクリップのオンスクリーンコントロールを表示「クロップ」ツールShift + C
「歪み」ツールをアクティブにし、再生ヘッドが置かれている選択したクリップまたは一番上のクリップのオンスクリーンコントロールを表示「歪み」ツールOption + D
「ハンド」ツールをアクティブにする「ハンド」ツールH
「位置」ツールをアクティブにする「位置」ツールP
「変形」ツールをアクティブにし、再生ヘッドが置かれている選択したクリップまたは一番上のクリップのオンスクリーンコントロールを表示「変形」ツールShift + T
「トリム」ツールをアクティブにする「トリム」ツールT
「ズーム」ツールをアクティブにする「ズーム」ツールZ

Final Cut Pro X「表示」ショートカットキー

アクションコマンドショートカット
クリップ名の設定に応じて、タイムラインクリップをクリップ名、ロール名、またはアクティブアングル名のみで表示クリップのアピアランス:クリップラベルのみControl + Option + 6
タイムラインクリップのオーディオ波形のサイズを縮小クリップのアピアランス:波形のサイズを縮小Control + Option +下矢印
タイムラインクリップを大きいフィルムストリップのみで表示クリップのアピアランス:フィルムストリップのみControl + Option + 5
タイムラインクリップのオーディオ波形のサイズを拡大クリップのアピアランス:波形のサイズを拡大Control + Option +上矢印
タイムラインクリップのオーディオ波形を小さく、フィルムストリップを大きく表示クリップのアピアランス:フィルムストリップ(大)Control + Option + 4
タイムラインクリップのオーディオ波形を大きく、フィルムストリップを小さく表示クリップのアピアランス:波形(大)Control + Option + 2
タイムラインクリップのオーディオ波形とビデオフィルムストリップを同じサイズで表示クリップのアピアランス:波形とフィルムストリップControl + Option + 3
タイムラインクリップを大きいオーディオ波形のみで表示クリップのアピアランス:波形のみControl + Option + 1
ブラウザのクリップの高さを縮めるクリップの高さを縮めるShift + ⌘ +ハイフン(-)
ブラウザのクリップの高さを広げるクリップの高さを広げるShift + ⌘ +キャレット(^)
ブラウザのクリップで表示するフィルムストリップフレームを減らす表示するフィルムストリップフレームを減らすShift + ⌘ +カンマ(,)
選択したクリップまたはコンポーネントの「オーディオアニメーション」エディタを表示/隠すオーディオアニメーションを表示/隠すControl + A
ブラウザでスキミング時にクリップ情報を表示/隠すスキマー情報を表示/隠すControl + Y
タイムラインで選択したクリップの「ビデオアニメーション」エディタを表示/隠すビデオアニメーションを表示/隠すControl + V
ブラウザのクリップで表示するフィルムストリップフレームを増やす表示するフィルムストリップフレームを増やすShift + ⌘ +ピリオド(.)
フィルムストリップあたり 1 フレームを表示フィルムストリップあたり 1 フレームを表示Option + Shift + ⌘ +カンマ(,)
ブラウザのフィルムストリップ表示とリスト表示を切り替えフィルムストリップ表示/リスト表示を切り替えOption + ⌘ + 2
ブラウザでクリップ名を表示/隠すクリップ名を表示Option + Shift + N
ブラウザ、ビューア、またはタイムラインを拡大ズームイン⌘ +プラス記号(+)
ブラウザ、ビューア、またはタイムラインを縮小ズームアウト⌘ +マイナス記号(–)キー
ブラウザ、ビューア、またはタイムラインのサイズに合わせて内容を拡大/縮小ウインドウに合わせるShift + Z
オーディオサンプルの拡大のオン/オフを切り替えサンプルに合わせて拡大/縮小Control + Z

Final Cut Pro X「ウインドウ」ショートカットキー

アクションコマンドショートカット
「バックグラウンドタスク」ウインドウを表示/隠すバックグラウンドタスク⌘ + 9
「オーディオ補正」インスペクタをアクティブにするオーディオ補正へ移動⌘ + 8
「カラーボード」をアクティブにするカラーボードへ移動⌘ + 6
ブラウザをアクティブにする「ブラウザ」へ移動⌘ + 1
現在のインスペクタをアクティブにするインスペクタへ移動Option + ⌘ + 4
タイムラインをアクティブにする「タイムライン」へ移動⌘ + 2
ビューアをアクティブにする「ビューア」へ移動⌘ + 3
インスペクタまたは「カラーボード」の次のパネルに切り替え次のタブControl + Tab
インスペクタまたは「カラーボード」の前のパネルに切り替え前のタブControl + Shift + Tab
「アフレコを録音」ウインドウを表示/隠すアフレコを録音Option + ⌘ + 8
ビューアでヒストグラムを表示ヒストグラムを表示Control + ⌘ + H
ビューアでベクトルスコープを表示ベクトルスコープを表示Control + ⌘ + V
ビューアで波形モニタを表示ビデオ波形を表示Control + ⌘ + W
アングルビューアを表示/隠すアングルを表示/隠すShift + ⌘ + 7
オーディオメーターを表示/隠すオーディオメーターを表示/隠すShift + ⌘ + 8
ブラウザを表示/隠すブラウザを表示/隠すControl + ⌘ + 1
「エフェクト」ブラウザを表示/隠す「エフェクトブラウザ」を表示/隠す⌘ + 5
イベントビューアを表示/隠す「イベントビューア」を表示/隠すControl + ⌘ + 3
インスペクタを表示/隠すインスペクタを表示/隠す⌘ + 4
キーワードエディタを表示/隠す「キーワードエディタ」を表示/隠す⌘ + K
「ライブラリ」サイドバーを表示/隠す「ライブラリ」サイドバーを表示/隠す⌘ + 1
「写真とオーディオ」サイドバーを表示/隠す「写真とオーディオ」サイドバーを表示/隠すShift + ⌘ + 1
サイドバーを表示する/隠すサイドバーを表示/隠す⌘ +アットマーク(@)
360° ビューアを表示/隠す360° ビューアを表示/隠すOption + ⌘ + 7
タイムラインを表示/隠すタイムラインを表示/隠すControl + ⌘ + 2
開いているプロジェクトのタイムラインインデックスを表示/隠す「タイムラインインデックス」を表示/隠すShift + ⌘ + 2
「タイトルとジェネレータ」サイドバーを表示/隠す「タイトルとジェネレータ」サイドバーを表示/隠すOption + ⌘ + 1
ビューアでビデオスコープを表示/隠すビデオスコープを表示/隠す⌘ + 7
インスペクタを半分の高さで表示するかいっぱいの高さで表示するかを切り替えインスペクタの高さを切り替えControl + ⌘ + 4

◾️参照 Final Cut Pro X: 「Final Cut Pro」キーボードショートカット https://support.apple.com/kb/PH12724?locale=ja_JP&viewlocale=ja_JP

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tags

Comment